膣の悩みが解決できる|引き締め施術を行なおう

多くの悩みの原因に

お尻

普段は特別意識する事も少ない膣圧ですが、緩んでいる事で実際多くの女性が悩んでいる様々なトラブルの原因にもなります。しかし、トレーニングを続けていけば徐々に引き締める事で可能です。誰でも手軽にできるものがほとんどなのでぜひ日頃からやってみてはどうでしょうか。

トレーニングや治療でケア

困る婦人

骨盤底筋は出産や肥満、加齢などで衰えてしまうため、それが原因で膣がゆるみやすくなります。膣がゆるむと頻尿や生理痛が起こりやすくなるので、引き締めたいときはトレーニングを行ったり、クリニックで治療を受けるようにしてください。

医療機関にも相談しよう

笑顔の女性

女性の悩みにも様々な種類がありますが、加齢や出産の影響で膣がゆるんできたことを気にしている人もあるのではないでしょうか。膣がゆるんでしまう原因のひとつには骨盤庭筋がゆるんでいることもあげられますので、引き締めの努力を行ってみてはいかがでしょうか。膣の引き締めには骨盤庭筋を鍛えるトレーニングや、膣トレーニング、エクササイズなどがあり、どれも簡単な方法で短時間で行うことができます。すぐに結果が出るというわけではありませんが、継続して行うことで引き締まっていきますので、ちょっとした時間を利用してトレーニングを行うことがおすすめです。骨盤庭筋を鍛えることはゆるみを引き締めることはもちろん、生理痛の軽減や尿漏れの予防にも役立ってくれます。

トレーニングを行っていても良い結果が出ない、もっと早く効果を出したいという場合は医療機関での治療も取り入れてみてはいかがでしょうか。こうした治療は婦人科形成を行う美容外科などで行われていますので、まずはカウンセリングで悩みを相談してみましょう。デリケートな部分ゆえ、メスを使うことには抵抗を感じる人もあるかもしれませんが、脂肪注入やヒアルロン酸注入なら注射だけで行うことができます。さらにレーザーや高周波の照射もコラーゲンの生成を促進させてくれますので、自然な膣の引き締め効果を期待することができます。ダウンタイムはやや長くなりますが、余分な膣壁を切除するなどで外科的に引き締めを行う方法もあります。治療方法はそれぞれの症状に合わせて行うこととなりますので、最適な施術を選んでいきましょう。

毎日できるエクササイズ

ヒップ

骨盤底筋群を鍛えるエクササイズには、膣のゆるみの引き締め効果があります。出産後は膣がゆるみやすいので、骨盤底筋を鍛えると効果的です。また、ウエストが引き締まったり、美姿勢になったりするメリットもあります。