膣の悩みが解決できる|引き締め施術を行なおう

トレーニングや治療でケア

困る婦人

頻尿や生理痛が和らぐ

子宮などの内臓を支える骨盤底筋が出産や肥満が原因で衰えると、膣がゆるみやすくなります。また年齢が高くなるとどの筋肉も衰えるので、骨盤底筋も衰え、子宮を支えきれなくなって下がるので、膀胱が刺激されて頻尿の原因になることもあります。生理痛もひどくなりやすいので、改善のために膣を引き締めたいときはトレーニングを起こい、骨盤底筋を鍛えるようにしてください。ますは肩幅ぐらいに足を開き、身体の力を抜いてから、息を吸いつつ、お尻の穴に力を入れて5秒ほど膣を締めあげましょう。これ以上は出来ないというところまで締めあげたら、そのまま5秒間キープし、次の5秒間で息を吐きつつ、力を抜いていくだけでOKです。毎日数回繰り返すだけで少しずつ、膣を引き締めることが出来ます。

快適に生活できる

自力でトレーニングを行っても膣が引き締められないときは、クリニックで治療を受けるのも良いでしょう。自己脂肪やヒアルロン酸を注入すれば、膣壁を厚くすることが出来ますし、レーザーや高周波を照射することでも、膣壁を厚くして、効率的に引き締めることが出来ます。手術で膣を狭くすることも可能なので、お近くのクリニックに相談するようにしてください。治療に成功すれば頻尿を改善できるので、トイレの回数を減らせますし、生理痛の症状も和らぐといわれているので快適に生活できるようになります。女性にとってこれらの悩みは結構深刻なので、定期的に膣の引き締めトレーニングを行ったり、クリニックで治療を受けるなどの方法で、早めに治すようにしましょう。